kyotokoto

Since 2010

Around Everyday Life

Jun 26, 2010

2010.6.26

Alvar Aalto House 2

Alvar Aalto House
Alvar Aalto Houseの続きです。
京都にはこんな広々とした、環境のいいとこってなかなかないだろうなぁ。
2階の寝室
2階にある寝室。
スイッチ
まるくかわいいアールトデザインのスイッチ。
2階のリビング
1階のリビングとはまた違う、居心地の良い2階のリビング。
2階にもリビングがあるなんて…素敵だ。
テラス
気持ちいい日向ぼっこができそうなテラス。
1階のリビング
どこもかしこも、本当に素敵な理想の家。
これからがんばって理想に近づけよう。
Alvar Aalto House
絵はがきにもなっていた素敵な外壁。このテクスチャー感、素敵だなぁ。
Alvar Aalto House
庭の方からみたアールト・ハウス。やっぱり素敵だなぁ〜

Alvar Aalto House 1

通りからの外観
Alvar Aalto(アルバー・アールト)はフィンランド出身の建築家で、ル・コルビジェやミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライトの歴史的な三大巨匠の次かその次くらいに有名な建築家です。
そのアールトの自邸がアールト財団によって、今は一般に公開されいます。
学生の頃から隠れ建築好きとしては念願のアールト!!
リビング
アールトは巨匠と称される建築家ですが、無理のない・心地良い暮らしを大切にしているのかなぁという学生時代以来から思っていてすごく好きな建築家。
実際に行ってみても、やはり心地良い・とても快適に楽しく生活できそうな理想の家でした。
ロフトから
明るいリビングとダイニング、気持ちのいいアトリエ、ちょっと暗い隠れ場所的なスペースなど面白いスペースがたくさん。
アトリエの方を見る
カーテンにはアールトのオリジナルファブリックが。
アトリエ
リビングの隣にあるアトリエ。
ほどよく自然光が入って理想的な作業環境だと思う。
Alvar Aalto House
アールトの机。こんなスペースが僕の夢です。欲しい。
リビング
いつかこんな家に住みたいなぁ(続く)

リアル マリメッコ

トラム軌道の風景
次なる目的地に向かうために僕らはトラムに乗ってMunkkiniemiという駅まで。
この駅を降りた付近一帯は、これだけを見に行ってもいいくらい、とてもとても美しい風景でした。
Munkkiniemi
輝く新緑。
特にどうってことはないけれど、すごくきれいだなぁって思ったトラムの看板。
Munkkiniemiの風景
大きな木に、密度低めについている新緑の色とやさしい木漏れ日が本当に気持ちよかった。
ここに住みたいと思うほどきれいな、本当にきれいな風景でした。
Maija LouekariのKaiku
マリメッコの柄Maija LouekariというデザイナーのKaikuという柄があり、とても好きなんですが「なんでこんな絵が、色使いができるんだろう」と思っていました。
Kaikuの様な風景
この風景を見てその疑問が少し解けた!これはまさにリアル マリメッコ。
マリメッコの柄に出てくる様な何とも言えないきれいな色も、この北欧の風景にヒントがあったんだとわかり、ちょっと感動的でした。
リアル マリメッコ

2010.6.22

Factory outlet Marimekko

ヘルシンキの地下鉄
あこがれのヘルシンキ観光。
まずは地下鉄に乗りMarimekkoの本社に併設されているファクトリー・アウトレットへ。
岩盤をくり抜いて、それがそのまま構造にもなっているような駅がスゴい。
地下鉄車内
地下鉄の車内は赤に近いオレンジでエネルギー満点。
手すりのようなところに地下鉄が作ってると思われる新聞がかけてあるのが面白かった。
Factory outlet Marimekko
駅から歩くこと5分ほど、マリメッコの本社工場が見えてきました。
Factory outlet Marimekko
マリメッコの本社の外観は意外と地味というか無機質な感じ。
受付のとこを見ただけですが、内側は明るく、開放的でとても素敵な雰囲気でした。
Factory outlet Marimekko
さすがマリメッコの本拠地だけあり、商品の種類は豊富。
服もたくさん売っていましたが、何故かメンズ服はほんの2、3種類。
一番お目当てのインテリア・雑貨関係は格安と言えないものの、まずまずの値段で日本では見たことない様なカラーのものがあったりとても楽しいひとときでした!

2010.6.21

新緑の街

新緑の街
僕らが行ったときのヘルシンキはまさに新緑の街。
木という木が全て黄緑色の葉っぱをつけて輝いていました。
新緑の街
街の広場・公園には日向ぼっこをする人たちがたくさん。
天気が良かったこともあり、パリよりヘルシンキの方が暑いくらいでした。
ヘルシンキの街並
ヘルシンキはパリに比べると当然静かで落ち着いた街並。
決して大きくはないですが、街の雰囲気が心地いい。

2010.6.19

シャルルドゴール

シャルルドゴールへの道
新婚旅行、パリ最後の朝。朝一で乗り合いタクシーで空港へ向かう。
タクシーの運転手、車線変更しまくりの映画みたいなスピード感で空港に早く着き過ぎた。
シャルルドゴール空港
シャルル・ド・ゴール空港は天井の穴が面白い、なかなかきれいな空港でした。
シャルルドゴール
でも待ち合い所のところがやけに狭かった。
大男がひしめくヨーロッパだというのにかなり窮屈。
パリの空港だけ無料で使えるWiFiがなかったのも不満。

2010.6.13

夕暮れのパリ

夕暮れのパリ
これで、ようやく、新婚旅行 パリ編が一通り終了です。
辛抱強く見てくださったみなさま、ありがとう!
夕暮れのパリ
この日は本当に夕日がキレイで、もう帰ると決めて歩いている間も、いろんなところからきれいな夕日が差し込みとても別れが惜しくて、何度も立ち止まっては写真を撮り、ヨメの無言の催促を感じました。
夕暮れのパリ
いや、まあ同じ様な写真ばかりですが、でも本当にきれいだったので。
夕暮れのパリ
素敵なパリの最終日でした。ありがとう!

セーヌ川の夕日

セーヌ川の夕日
ルーヴル美術館の隣を流れるセーヌ川にも夕日を眺めに行きました。
本当に良いタイミングで行けたみたいで、ちょうど川のところに夕日が落ちて行く感じでした。
セーヌ川の夕日
夢中になって写真を撮っていると、クルーズ船が夕日に向かって走って行きました。
船に乗っている人たちもきっと感動してるに違いないと思いながらうっとり。
セーヌ川の夕日
曇りだったり・日が長いこともあって、新婚旅行中はあまり夕日が見れませんでしたが、これは間違いなく新婚旅行中のベスト夕日だと思いました。

2010.6.12

夕暮れルーヴル2

夕暮れルーヴル
夕暮れルーヴル 外編。
夕暮れルーヴル
夕日の射すヨーロッパの街はやわらかく、でも力強い。
夕暮れルーヴル
日差しの強さが全然違うから、空の雰囲気も変わってくる。
ルーヴルのピラミッドはちょっと横から見た時の方が、反射してガラスって実感がありきれい。
夕暮れルーヴル
世界的に有名な観光スポットにこんなにリラックスして過ごせるスペースがあるのが素敵。
夕暮れルーヴル
ルーヴルの凱旋門越しの夕日。
夕暮れルーヴル
夜のルーヴルを見たかったけど、「寒い寒い」というヨメがいたので退却。(新婚旅行だし)
でも、このパリで見た夕日はきっと忘れない。

«最近のコト  |  前のコト»

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ わんこ ハス ハト バス ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都御苑 京都駅 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 水滴 沖縄 河原 田んぼ 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 蓮華寺 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

Thank you
for
visiting kyotokoto.
© 2010-2019 kyotokoto