kyotokoto

Since 2010

Around Everyday Life

Jan 16, 2021

クマちゃんと音楽を聴く
クマちゃんと音楽を聴く

クマちゃん

タイチの昨年のクリスマス・プレゼントはクマのぬいぐるみ。
HomePod が読み上げた希望のプレゼントを尋ねるサンタさんの手紙に、タイチは「クマのぬいぐるみが欲しい」と答えました。
それ以来、一緒にご飯を食べたり、一緒に寝たり、とても大切にしています。
先日は iPhone で森のクマさんを再生して、クマちゃんと一緒に聴いていました。
写真に撮ると、クマちゃんが本当に聴いているみたいで微笑ましいです。
クマちゃんに名前はつけないのか尋ねましたが「これはただのクマで、クマちゃん」と言い張り、名前はつけてくれません。
我々大人でも車とか愛着を持つと名前をつけることがありますが、そうはならない息子のロジックが興味深いです。

下鴨神社に設置されたアルコール消毒
下鴨神社に設置されたアルコール消毒

新しい御手洗

神社の入口には御手洗という手を清めるためのアルコールが設置されている。
その昔は水によって清めるのが一般的であったが、疫病が世界中で大流行した際にアルコール消毒が設置されたことを起源として、アルコールで消毒することが慣例となった。

下鴨神社に初詣に行った時に、新設されたアルコール消毒のボトルを見て「御手洗の歴史が変わるかもしれない!」と不謹慎ながら、少しワクワクしてしまいました。
いつか「あの時はみんなマスクをして、必死にアルコール消毒してたね」と懐かしめる日が来るといいなぁと思っています。

下鴨神社 無病息災の足形祈祷木
下鴨神社 無病息災の足形祈祷木

無病息災

コロナ禍ですが、今年も変わらず、家族で下鴨神社へ初詣。
例年よりも大幅に人も少なく、いつも飲んでいる甘酒などの出店なども出ていないので、静かな初詣でした。
みたらし祭の時にある、無病息災・健脚を願う足形の祈祷木があり、まさに今、願いたいことだとしみじみ感じました。
また京都にも緊急事態宣言が出されました。
昨年の春は、まだ戦略的な側面があったように思いますが、今回は後手後手でどうしようもなくなって出したように感じます。
果たして今年中に収束するのだろうか。
感染しないように、継続して気をつけるしかないですね。

鏡餅 2020-21
タイチが選んだ色紙の上の鏡餅 2020-21

鏡餅

もう十日ですが、新年初めての投稿です。
あけましておめでとうございます。本年もブログは辞めることなく続けていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
何となくメモリアルっぽい 2020 年がコロナによって、別の意味で記憶に残る年になりました。
またしても緊急事態宣言が出そうな情勢で、もしかすると 2021 年も昨年以上にコロナな年かもしれず、不安な幕開けです。
そんな異常な事態ではあるものの、毎年恒例の埼玉の親戚からいただく鏡餅を飾り、のんびりと年が明けました。
鏡餅を飾るため、タイチに黄色の色紙をオーダーしたら「黄色はない」と言いながら、少し黄土色っぽい紙をくれました。
たまたま選んでくれた、その色が思いのほか、鏡餅に合っていて、ヨメと感心しました。
このブログを読んでくれている稀有なみなさまも、お体を大切に、よい一年をお過ごしください。

信楽で撮った美しい光
信楽で撮った 2020 年のお気に入り

Best of me, 2020

毎年恒例の Best of me をまとめたいと思います。
今年は何と言ってもコロナ。一月時点ではこのブログに「騒ぎ過ぎじゃない?」とか書いていました。それが今や全世界、終わりの見えないコロナとの戦い。
いつまで続くのか、未だにわかりませんが、仕事も含めて生活に大きな変化がありました。自分の生活をより真剣に見つめ直す機会があり、不謹慎かもしれないですが楽しい部分もありました。

高野川のセイタカアワダチソウ
1月 / 高野川のセイタカアワダチソウ

一月

一月は近所の散歩で撮ったセイタカアワダチソウ。
一月に撮った写真ではないですが…。というか、一月は何も投稿していない。
投稿はしてないですが、一月は初めて Leica の新年会に行って刺激をもらいました。
Leica ユーザーって世の中的には特殊な気がしますが、そういう人ばかりが集まる空間。
刺激が強すぎて、少し自信を無くしそうになりました。

伏見稲荷を歩くヨメとタイチ
2月 / 伏見稲荷を歩くヨメとタイチ

二月

二月は、伏見稲荷に行きました。今考えると、まだ観光客が来れている時期でったので、軽率な気もします…
鳥居が続く異様な場所で、時々怖がりながらも、タイチは楽しそうに走っていました。
久しぶりに行きましたが、伏見稲荷はやはり不思議な空間ですね。

取り替えられた矢印を見つめる息子
3月 / 取り替えられた矢印を見つめる息子

三月

いよいよコロナの影響が深刻になる三月。
この頃は、週末も近所へのお出かけがメインになっていました。
でも悪いことばかりでもなく、近所の踏切へ通った結果、矢印の交換現場を目撃することができました!
外された矢印を見つめる息子が「欲しい」と言い、泣き出すのではないかと怯えましたが、大丈夫でした。
今年もほんとにたくさん踏切を見たなぁ〜。

タイチとぽんちょ
4月 / ちょっと仲良くなってきた?タイチとぽんちょ

四月

四月は非常事態宣言が出て、保育園も休園になり、僕もリモート勤務になったりしました。
これまでにないくらい、家族全員が家にいて、とても貴重な経験ができました。「日常を大切にする」が一つ大きなテーマな僕としては、とてもしあわせな時間でした。
家にいる時間が長いからか、ぽんちょとタイチの距離も少し縮まった気がします。
一方で、コロナへの知識がまだまだ不足していて、外に出たら危ないぐらい怯えていました。
家で楽しく過ごすめにパスタの新しいレシピを試したり、ピザをこねてみたり、クッキーを作ったりしました。

走り出したカメを見守るタイチ
5月 /宝ヶ池公園でカメを助ける

五月

リモートワークにも慣れてきて、コロナも少し落ち着いてきた五月。
散歩に行った宝ヶ池公園でドブにハマったカメを助けました。ただ、今のところ、まだ竜宮城への招待は受けていません。
Stay Home を楽しむために炙り大将を買って、焼き鳥したり、ぽんちょの YouTube に挑戦したり、色々と生活を楽しむために工夫しましたね。

糺の森のカタツムリ
6月 /カタツムリ

六月

六月はタイチと一緒にカタツムリ探しをマスターしました。
二人とも、カタツムリを探すのがスゴくレベルアップしました。
一週間ほどカタツムリを飼って観察もしました。シャクシャクシャクって言いながらキュウリを食べるのにびっくり!
糺の森はカタツムリもいっぱいいるし、カニもいたし、行く度に発見があります。

ぽんちょ 15,000 記念
7月 /カタツムリ

七月

七月は ぽんちょTwitter のフォロワーさんが 15,000 達成しました!
その後は何だかあまり増えていませんが、とにかく続けてきた甲斐がありました。
今年はその後もアカウントをロックされたりとか、カレンダーの販売に挑戦してみたり、ぽんちょ的にもイベントがたくさんありましたね。

帰り道に見つけた大きな虹
8月 /帰り道に見つけた大きな虹

八月

八月、帰り道にタイチが見つけた大きな虹が印象的でした。
ブログを読み返していると、八月まで外食も控えていたようで、久しぶりの外食 + 帰りに大きな虹に出会うという体験がスゴく思い出に残っているのかもしれません。
タイチとスゴくテンションが上がり、ワイワイした良い思い出。

金沢 奥卯辰山健民公園
9月 /金沢 奥卯辰山健民公園

九月

コロナの影響でずっと帰省を見送っていた金沢ですが、九月に「今しかない!」と帰省。
連れて行ってもらった奥卯辰山健民公園が、どこまでも美しい芝生が広がっていてキレイでした。
帰ってきて京都御所へ行ったのですが、そのキレイさ・手入れの具合の違いにショックを受けました。
金沢は本当にいいところ。

亀岡のコスモス園
10月 /亀岡 コスモス園

十月

ブログには書いていませんでしたが、今年も亀岡のコスモス園に行った十月。
秋晴れの心地よい天気の日でキレイでした。前日まで雨だったので、至る所に水溜りがあり「タイチ、気をつけろ!」と言っていたら自分がハマりました。

カヌー体験中
11月 /カヌー in 三田

十一月

十一月は自家焙煎コーヒーの師匠でもある H さんにカヌー体験をさせてもらいました。
コロナの影響ももちろんありますが、今年はアウトドアにスゴく興味を持った一年でした。
光を感じながら、静かな水面を走るのは本当に心地よい体験。目の前が湖みたいな家が欲しい。

アドベンチャーワールドのパンダ
12月 /アドベンチャーワールド

十二月

コロナの波が再び激しくなってきた十二月。
年末年始はどこも行けなさそうということで、急遽 白浜アドベンチャーワールドへ行きました。
元々はタイチの誕生日に行こうかと思ってたのですが、このタイミングで決行。
タイチ自身はテレビで見る以上の体験ではなかったようで興奮は薄めでしたが、親は動くパンダがたくさん見れて楽しかったです。
久しぶりに海も眺めて、良い休日でした。

自家焙煎機
組み上がった自家焙煎機

自家焙煎

以前からやってみたかった、自家焙煎に挑戦しました。
10年自家焙煎をしている H さんに色々とアドバイスをもらいながら、amazon とホームセンターでパーツを買い集め自作焙煎機一号を組み上げました。さらに Web から買える生豆屋さんで、豆を仕入れて初挑戦!
豆なしだと滑らかに回転していた焙煎機ですが、豆を入れると重みでスムーズに回らなかったり、熱が足りず焙煎工程が進まないなど一度目は完全に失敗。
悔しかったので、装置をちょっと改善し、すぐに二度目にトライして、イチハゼ・ニハゼという焙煎工程を体験でき、一応焙煎できました。
生豆は意外にも豆の香りがして、焙煎していくにつれ香りが変化していくのは面白い体験でした。
美味しい焙煎ができるには、まだまだ経験が必要そうですが、週末の趣味として楽しみたいと思います。

焙煎前の生豆 / フルーツフィールド
焙煎前の生豆 / フルーツフィールド
焙煎後の豆
焙煎後の豆
朝日に輝く白浜で
朝日に輝く白浜で

仕事納め

無事にかどうか、なんとも言えないですが、本業の方は仕事納めになりました。
今年はコロナの影響が大きくて、誰も体験したことないような色々なことがあった一年でした。
「でも、来年はコロナも落ち着いて…」と書きたいところですが、今のところ落ち着く様子がなく、不安です。
年末年始は再び Stay Home で日常生活を楽しみたいなと思っています。

白良浜の砂浜
白良浜の砂浜

白良浜の砂浜

白良浜の海岸で、海を眺めたり波がかかりそうになりながら遊び、貝殻を拾ったりして、楽しい時間を過ごしました。
最近、全然行っていませんでしたが、白良浜の砂浜はとても美しいですね。
砂浜と公園の砂場と何が違うのかなとか考えながら、タイチと遊んでいました。
柔らかい砂の上にぼんやりした輪郭の足跡が浮かぶ光景は、とてもアーティスティックな印象です。
普段、海から遠いところにいるので、やっぱり海っていいなと思った一日でした。

夕暮れに水浴びするゾウ
夕暮れに水浴びするゾウ

縦と横

アドベントカレンダーと言いつつ、毎日書いてるとただの日記みたいになってきたので、今日は少し違った話を書きます。
ここ数年、写真の縦と横、どちらをスタンダードにするか悩んでいます。
スマホで写真を見る機会が多いので、Leica も含めて僕はデフォルト、縦で撮っています。
初期表示で、画面にできるだけ広く、大きく見せれる方が伝わりやすいからです。
スマホが Web アクセスのメインになってから、このブログも縦写真フォーマットに変えました。
ただ、横写真がメインなフォーマットもいくつかあります。
Twitter は横写真の方が見やすいし、PC や iPad もどちらかというと横。
写真家のハービー山口さんは「両方撮りましょう」と言っていました。
動画に関しても、横向きの動画よりも Snapchat から始まった縦フルスクリーン動画の方が、僕は臨場感を感じて好きです。
みなさん、どちらの向きで撮ってますか?

前のコト»

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ ぽんちょ わんこ ハス ハト ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都御所 京都御苑 京都駅 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 宝ケ池公園 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 沖縄 河原 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 蓮華寺 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

Thank you
for
visiting kyotokoto.
© 2010-2021 kyotokoto