kyotokoto

Since 2010

Around Everyday Life

Jan 17, 2021

下鴨神社の焚き火
下鴨神社の焚き火

焚き火

下鴨神社の初詣、今年も焚き火は実施してくれてました。
例年通り、太い木をバンバン入れる規模の大きな焚き火。熱が強力すぎて、長い時間、正面では当たってられません。
タイチも見たことないくらい大きな火に喜び・ビビりながら、前から当たったり、後ろから当たったりしてました。
僕は、この超強力な焚き火で、焼き芋焼いて欲しいなぁと思ってました。
下鴨神社の御神木で焼いた焼き芋。「この芋を食べると、一年間 病気にかからない」みたいな。どうかな。

焚き火にあたるタイチ
焚き火にあたるタイチ
出番を待つ大きな木
出番を待つ大きな木
下鴨神社に設置されたアルコール消毒
下鴨神社に設置されたアルコール消毒

新しい御手洗

神社の入口には御手洗という手を清めるためのアルコールが設置されている。
その昔は水によって清めるのが一般的であったが、疫病が世界中で大流行した際にアルコール消毒が設置されたことを起源として、アルコールで消毒することが慣例となった。

下鴨神社に初詣に行った時に、新設されたアルコール消毒のボトルを見て「御手洗の歴史が変わるかもしれない!」と不謹慎ながら、少しワクワクしてしまいました。
いつか「あの時はみんなマスクをして、必死にアルコール消毒してたね」と懐かしめる日が来るといいなぁと思っています。

下鴨神社 無病息災の足形祈祷木
下鴨神社 無病息災の足形祈祷木

無病息災

コロナ禍ですが、今年も変わらず、家族で下鴨神社へ初詣。
例年よりも大幅に人も少なく、いつも飲んでいる甘酒などの出店なども出ていないので、静かな初詣でした。
みたらし祭の時にある、無病息災・健脚を願う足形の祈祷木があり、まさに今、願いたいことだとしみじみ感じました。
また京都にも緊急事態宣言が出されました。
昨年の春は、まだ戦略的な側面があったように思いますが、今回は後手後手でどうしようもなくなって出したように感じます。
果たして今年中に収束するのだろうか。
感染しないように、継続して気をつけるしかないですね。

雪の下鴨神社
ほんのり雪化粧の下鴨神社

今年初めての雪

今年初めて、雪が積もりました。自称 雪国の人なヨメによると「霜みたいな」くらいの積もり方ですが。
ここ何日か、天気予報を眺めては「雪遊びできるかなぁ」とつぶやいていましたタイチ。
たとえ霜程度でも、雪を見ればテンション上がる僕は、会社行く前にマンションの屋上でタイチと、軽く雪遊び。
小さな雪だるまも作って、ぽんちょに見せたりしました。
雪が止んでたので自転車で出勤したら、また降ってきて髪の毛がびしょびしょになりました。
出勤途中に少し雪化粧した下鴨神社も見れて、今年初めての雪を堪能しました。

下鴨神社 糺の森
下鴨神社 糺の森

いつも、ここから

新しいカメラを買うと、下鴨神社 糺の森で写真を撮るのが慣例です。
愛用していた M8 が壊れてしまい、一ヶ月ほど写真を撮ることやカメラについてマインドマップを描き続け、M8 を修理するのではなく、ライカ店長のオファーに乗ることにしました。
カメラに負けないようにいい写真が撮れるように、楽しみたいと思っています。
Typ240 を迎え入れてから、まだあまり撮れていません。基本的には一緒なんですが、微妙に色々と違って、まだ戸惑いながら撮っているのが実情です。
写真は十年以上続けられている唯一の趣味です。次の十年も楽しく続けられるように、新しい相棒と早く仲良くなりたいです。

糺の森のかわいい丸い葉
糺の森のかわいい丸い葉
糺の森の水面
糺の森の水面
古本まつり@下鴨神社 糺の森
古本まつり@下鴨神社 糺の森

下鴨神社 古本まつり

息子とバスと電車に乗る散歩に出かけた時に、下鴨神社に寄り道したら古本まつりがやっていました。
過去何度か行っていますが、古本を買うというよりも、下鴨神社 糺の森の光の中に無数の本が置かれている光景が好きだったりします。新しい本ではなく、歴史を経ている本なので余計に味わい深い感じになるのでは。
最近、下鴨神社はチームラボとかのイベントも積極的にやってますが、糺の森のこの特別な雰囲気は壊さないようにアップデートして欲しいなぁと思っています。

古本まつり@下鴨神社 糺の森
古書をライトアップする糺の森の光
古本まつり@下鴨神社 糺の森
糺の森の光はいつも魅力的
Leica M8 Summitar 5cm f2, Kyoto 2018

下鴨神社 みたらし祭

毎年おなじみの下鴨神社 みたらし祭へ行きました。
みたらし祭の水は冷たいとはいえ、日差しカンカン照りの日中を避けて、夕方〜日暮れ時に行きました。
例年よりも水位は低く、外が暑いからか水も例年より冷たくないように感じました。
去年は足をつけても泣くわけでもなく、割と無反応だったタイチ。今年は大はしゃぎで水でジャブジャブしていました。(オムツまでしっかり濡れて、上下共にお着替えした)
無病息災を祈る足型のお札に三人とぽんちょの名前を書いて、足つけ神事は無事に終了。外からろうそくを不思議そうに眺めているタイチが、なかなか絵になってました。

下鴨神社境内を抜けてみたらし祭へ
今年はハシャギながら足をつける
外からろうそくを不思議そうに眺める
みたらし祭の帰り道
Leica M8 Summitar 5cm f2, Kyoto 2018
初詣名物 焚き火
初詣で歩き疲れて座り込む息子

初詣 下鴨神社

初詣は毎度おなじみ下鴨神社へ。ここ数年、毎年 下鴨神社に行っています。
去年は抱っこ紐の中で静かに寝ていたので存在感がなかったですが、今年は自分で歩き始め、三人でお参りした感じがしました。
おみくじを引きましたが、夫婦で同じ番号が出るという不思議な偶然も。(仕方なく同じ番号を二つもらった)
毎年おなじみの焚き火にあたり、甘酒を飲んで、無事に初詣を終えました。

前のコト»

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ ぽんちょ わんこ ハス ハト ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都御所 京都御苑 京都駅 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 宝ケ池公園 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 沖縄 河原 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 蓮華寺 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

Thank you
for
visiting kyotokoto.
© 2010-2021 kyotokoto