kyotokoto

Since 2010

Around Everyday Life

Aug 1, 2015

MIHO MUSEUM

I.M.ペイの建築

I.M.ペイの建築

7月のはじめ、滋賀 信楽の山奥にあるMIHO MUSEUMに行きました。ここはルーヴルのピラミッドの設計者I.M.ペイが設計した美術館。Instagramなんかでもこのトンネルがよく出てくるので、一度行ってみたいと思ってました。

MIHO MUSEUM
MIHO MUSEUM

チケットを買い、トンネルを通って美術館の本館へ行くという行程がとてもユニークで面白いです。このトンネルは象徴的で、あの世とかにつながっていそうな、少し神聖な感じがします。

MIHO MUSEUM
MIHO MUSEUM

特に展示が見たくて行ったわけではないのですが、ちょうど「若冲と蕪村」の展覧会がやっていて、楽しめました。あまりちゃんと見たことがありませんでしたが、若冲も蕪村もとても魅力的で、よい刺激をもらいました。

2010.7.4

キアズマ

キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
なんとか今月中には終えたい新婚旅行話。
今日はヘルシンキの街の中心にあるキアズマ(ヘルシンキ現代美術館)。
キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
Steven Hollという有名な建築家が設計した、とてもかっこいい空間の美術館。
全体に滑らかにカーブして行く空間、中央のスロープが象徴的。トップライトとカーブの先の光が別世界に進んで行くみたいな体験ができて、とてもイイ。
キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
奥に進むと展示室がある。
ちょっと疲れてたのと、あまり興味のなさそうな展覧会だったので中には入らず。
キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
キアズマ併設のカフェもオシャレで素敵でした。
キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
奥側から入り口の方を見る。窓の分割の仕方がかっこいい。
キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
入り口の扉に貼ってあったポスターもかっこいい!
なんて書いてんのかさっぱりわかりませんが。
キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
外観はこんな感じ。なんとも不思議な形。
キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)
まわりが原っぱになっていて、日向ぼっこをする人で賑わっていました。
日焼けを恐れず、むしろ日焼けを目指して日向ぼっこするのは健康的でステキだ。

2010.5.22

ルーヴル美術館

ルーヴル美術館
世界を代表する美術館、ルーヴル美術館へ。
I.M.ペイによるガラスのピラミッドはまわりの建物と合わさってすごくキレイだった。
ルーヴル美術館 彫刻
以前にイタリアのヴァチカン美術館へ行ったときも思ったんですが、ヨーロッパの歴史ある美術館というのはもう空間自体が美術品な感じがします。
中を散歩するだけでも、空間に圧倒されます。
あと、フラッシュは禁止ですが写真撮影とかが自由にできるのもイイ。
ルーヴル美術館
ひとつひとつの作品をじっくり観ずに、ざーっと全体を回るように観ました。
その中でもひときわ、印象に残る素敵な展示のされ方をしていたサモトラケのニケという彫刻。
ルーヴル美術館 絵画
展示空間は次々変化していくのも面白かったです。
トップライトが効いていて、すごく明るかったイタリア絵画のセクション。
ルーヴル美術館 モナリザ
観た中では唯一、人だかりができていたモナリザ。
人だかりは写真を撮るためですが…
ルーヴル美術館 天井
天井も豪華絢爛。どこを観ていいのかわからなくなるくらい360°美術品です。
ルーヴル美術館 アポロンギャラリー
ルーヴル美術館の中でも際立ってスゴかったのが、アポロンギャラリーという展示室。
ルーヴル美術館 窓
これだけすごい展示内容でありながら、ふつうに窓があって時折外が覗けるのがまた良い。
どれだけスゴくても、やはり美術品ばかり観ていては疲れるから。
ルーヴル美術館 ピラミッドの中
僕らが出るころには、受付付近の人が倍増。
これだけ人が来てもまだ余裕のあるルーヴル美術館ってホントスゴい。

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ わんこ ハス ハト バス ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都御苑 京都駅 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 水滴 沖縄 河原 田んぼ 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 蓮華寺 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

Thank you
for
visiting kyotokoto.
© 2010-2019 kyotokoto